2017年09月28日

審美健康会ブログ 「ホワイトニング」は診断してから行うものなのです

医)審美健康会 山本歯科医院&横浜ホワイトニング・インプラントセンター
www.yamamotoshika.com
院長の山本達郎です

当院では歯のホワイトニングを希望されて来院される方がとても多いです。
そうした患者さんから相談されたときにに、私がいつも気になっていることがあります。
「他院(ホワイトニングサロンも含みます)でホワイトニングしたけど、あまり白くならなかったのでここに来ました」とおっしゃる方がけっこういらっしゃることです。

<ホワイトニングは薬剤による酸化作用で歯の着色成分を酸化分解して無色化することで歯を白く見せる>という原理

は昔からすでにわかっていることです。ですから歯を白くさせることは、歯科医師であれば誰がやっても同じ結果が出るはずなのです。

しかし!
患者さんからすると もっと白くしたいと思っていたのに白くしてもらえなかった
のは
そこのクリニックで使用している薬剤が自分に合わなかったんではないか? とか 
ホワイトニングサロンの中で特定なオフィスホワイトニングシステムだけが歯を白くさせます!という風な宣伝につられてしまったり

・・・というふうに 患者さんが悩んだり疑心暗鬼に陥ってしまう現状があります。

私が大学や歯科医師会で ホワイトニングの教育講演で歯医者さんたちにお話しすることは 

有効なホワイトニングシステム(著名な中国メーカーで無効なシステムがあります!)であれば、時間的に早いか遅いかは差が出ますが 必ず 同じ結果になります!

ということです。

しかし!
患者さんは なかなか白くならないことで 不安になってクリニックを代えたりホワイトニングを止めてしまったりします。

このときの患者さんの心の中に生じる葛藤を想像してみると

何時になったら自分の歯は白くなるんだろう?
どのくらい自分の歯は白くなるんだろう?
白くするのに(薬剤代などの)治療費はどのくらいかかるんだろう?
こんなに長くホワイトニング続けていて体に悪くないんだろうか?

といったことがあるんではないでしょうか。

こうした不安を消すためには ホワイトニングする前に ホワイトニングが完了した時点の結果や治療期間が 予め 歯科医師によってわかりやすく明示されていれば とても安心できるのではないでしょうか?

当院では 生活歯ホワイトニング診断法 という確実な診断を行うことで ホワイトニングを始める前に 治療が完了した予後を示すことができます。そして患者さんに自分と似た治療パターンをモニターでを通して 直接目で見て「こんな感じなります」ということをご確認いただいてから治療を開始することができます。

また
ホワイトニング剤は 先に書いたように酸化剤=活性酸素・フリーラジカルという からだにとってマイナスとなる薬剤を使用することが不可避です。

しかし、当院は この酸化剤の使用を最短期間に抑える方法を知っています。

ホワイトニング治療に不安な方 できるだけ手早くホワイトニングを完了したいと思ってらっしゃる方は 是非 当院にご相談ください。

山本歯科医院では 貴方にとってベストなホワイトニング治療をご提供できる経験 技能 知恵 を持っています!
 
医療法人 審美健康会 山本歯科医院&横浜ホワイトニング・インプラントセンター 
http://www.yamamotoshika.com
posted by 達さん at 11:33| Comment(0) | Blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

審美健康会ブログ 頭痛・肩こり・首の痛み・・・もしかしたらTCHかも?

医療法人 審美健康会 山本歯科医院&横浜ホワイトニング・インプラントセンター
http://www.yamamotoshika.com
歯科衛生士の高橋です。

原因のはっきりしない頭痛や 肩こり・首の痛み・・・
病院へ行くほど酷くはないけれど
なんだか不調が続いている・・・

そんな症状は ありませんか?

また
歯が痛くて 歯医者さんに診てもらったけれど
『虫歯は ありません』と言われた・・・

それって もしかしたら
TCH(歯列接触癖) かもしれません。


TCH(歯列接触癖)は
上下の歯を“持続的に”接触させる癖 のことです。

本来 上下の歯は
何もしていない時には 接触していません。

話をしたり食事をする際の 上下の歯が接触する時間は
1日のうち 20〜30分くらいなのですが

何もしていない時に 無意識に 上下の歯を接触させている人が
近年 とても増えているようです。

歯ぎしりや 食いしばりだけでなく
弱い力でも 上下の歯を接触させ続けていると
筋肉が緊張した状態が続き
それを 他の部分が補おうとして 負担がかかるため
様々な不調の原因となってしまいます。

頭痛・肩こり・首の痛み・腰痛・耳鳴り・めまい・
息苦しさ・顎の痛み・・・
このような症状のある方は
噛み合わせの状態や TCHを
歯科医師に診断してもらうことを お勧めします。

ぜひ 御相談にいらしてみてくださいね。




そして 今回は (^^)b
TCHのセルフチェックを ご紹介します。


まず 1つめのテストです
@ 上体を起こした(座った)状態で 肩の力を抜いてください

A 正面を向き 目を閉じて お口も閉じてみてください

このとき
上の歯と 下の歯は 噛み合っていますか? ⇒⇒⇒【A】
それとも 少し空いていますか? ⇒⇒⇒【B】

次に
B 唇を閉じて
上の歯と 下の歯を 噛み合せて 10秒静止します

今度は
C 唇は閉じたまま
上の歯と 下の歯を 少し離して 10秒静止します

Bの状態と Cの状態では どちらが楽ですか?
    Bが楽  ⇒⇒⇒【C】
      Cが楽  ⇒⇒⇒【D】
      Cが出来ない(唇も開いてしまう)⇒⇒⇒【E】


それでは
D Cの状態(唇を閉じたまま上下の歯を空ける)で
数分間いられますか? 
              いられる  ⇒⇒⇒【F】
              無理    ⇒⇒⇒【G】



次に 2つめのテストです
@ 上体を起こした(座った)状態で 肩の力を抜いてください

A 正面を向き 目を閉じてください

B 唇を閉じて 上下の歯を噛み合わせてください

C そのまま 20秒静止すると 頬や顎に疲れを感じますか?
                 疲れる  ⇒⇒⇒【H】
                 疲れない ⇒⇒⇒【I】

D そのまま 10分間いられますか?
                  いられる ⇒⇒⇒【J】
                  無理   ⇒⇒⇒【K】



【B】・【D】・【F】・【H】・【K】に 当てはまる方は
TCHは無いようです。

【A】・【C】・【E】・【G】・【I】・【J】に 当てはまる方は
TCHの可能性があります。



このセルフチェックは あくまでも簡易的なものなので
正確な診断は かならず医師の診察を受けてくださいね。

不快な症状が重くなる前に ぜひ 御相談ください。

山本歯科医院スタッフ一同
皆様のご来院を 心よりお待ちしています。

医療法人 審美健康会 山本歯科医院&横浜ホワイトニング・インプラントセンター 
http://www.yamamotoshika.com
posted by 達さん at 13:58| Comment(0) | Blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

審美健康会ブログ 《Check-Up standard 》が バージョンアップ☆ 虫歯予防に さらに力を発揮!

医療法人 審美健康会 山本歯科医院&横浜ホワイトニング・インプラントセンター
http://www.yamamotoshika.com
歯科衛生士の高橋です。



山本歯科医院スタッフおすすめの 歯磨きペースト
ライオンCheck-Up standard (チェックアップ スタンダード)
20170830_010038.png

以前にも スタッフのブログで 紹介させていただきましたが
http://total-whitening.seesaa.net/s/article/437133358.html

今年3月に
国際基準(ISO)に並び
フッ素が1500ppmを上限として配合された製品が
厚生労働大臣に承認されたことに伴い
Check-Up standardのフッ素の配合が
950ppmから1450ppmに増えて
虫歯予防に より優れた処方に リニューアルされました。
20170901_170919.png



Check-Up standard の特長は

*フッ素がお口のすみずみまで広がりやすい<ソフトペースト>
*歯と歯肉を傷つけにくい<低研磨性>
*時間をかけてブラッシングできる<低発泡>
*低刺激の<マイルドな香味>

と 良いことばかりですが

さらに (^^)b

*高濃度のフッ素を配合
*フッ素の滞留性を高めた独自処方

で 虫歯予防に特化した歯磨きペーストになっています。


時間をかけて しっかりブラッシングするのに
とても適した歯磨きペーストです。
コストパフォーマンスも 日常使いに嬉しい¥560(^^)v


虫歯をしっかり予防したい方
どんな歯磨きペーストが良いか 迷ってしまう方
ぜひ Check-Up standard を お試しくださいね。


医療法人 審美健康会 山本歯科医院&横浜ホワイトニング・インプラントセンター 
http://www.yamamotoshika.com
posted by 達さん at 17:12| Comment(0) | Blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする