2018年10月24日

審美健康会ブログ 歯を 磨く時間


医療法人 審美健康会 山本歯科医院
http://www.yamamotoshika.com
歯科衛生士の高橋です。


皆さまは 毎日の歯みがきを 何分間していますか?


患者の皆さまから よく
「歯みがきは 何分すれば良いですか?」と 聞かれますが

歯や歯肉の状態や 歯の本数や 歯並びなど
お1人お1人で 違うものですし

明確に 「○分!」とは 答えられないのですが

汚れをきれいに落とせるまでに かかる時間が
必要な時間だと思います。


私の場合は
朝5分・昼3分・夜10分・・・といったところでしょうか。

朝の5分は 実は2回みがいています。
起床して すぐに みがいて 朝食後に もう一度みがきます。

昼は 昼食後にみがき

夜は 就寝前に 時間をかけて
ブラッシングと デンタルフロスをしています。


時間をかけて みがく時には
「ながら磨き」が おススメです。

テレビを見ながら
本や新聞を読みながら
お風呂で湯船に浸かりながら・・・

洗面台の鏡の前で歯みがきだけをすると
2分〜3分が とても長く感じてしまいますよね。

正しいみがき方を覚えたら
ぜひ「ながら磨き」を してみてくださいね。

鏡を見ながら みがく場合には
大きな鏡よりも
お口だけが映る小さな手鏡にしてみてくださいね。



『 人が 一生で歯をみがく時間は 84日間 』だそうです。

毎日 朝と夜の2回2分間ずつ歯みがきする と仮定すると
1年間の歯みがき時間は 24時間。

日本人の平均寿命を84歳とすると
一生で 歯みがきにかける時間は 84日間になります。

毎日の数分間の歯みがきが 一生の健康につながりますから
それを考えれば わずか84日間 と 考えられますよね。


医療法人 審美健康会 山本歯科医院 
http://www.yamamotoshika.com

posted by 達さん at 15:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月20日

審美健康会ブログ 抜いた歯の行方は?



医療法人 審美健康会 山本歯科医院
http://www.yamamotoshika.com
歯科衛生士の高橋です。




歯の治療の1つに 「抜歯」が あります。

虫歯や歯周病が 進行してしまい
やむなく 歯を抜く処置になったり

親知らずを抜歯するケースも 多いですね。

また 歯列矯正のために
便宜的に抜歯をすることもあります。


では
その 「抜いた歯」は どうなるでしょう?


歯科医院ごとに それぞれ 対応の違いはありますが
山本歯科医院では
虫歯で歯根だけになってしまったり
ボロボロの欠片になってしまった場合を除いては
「お持ち帰りになりますか?」と
患者さん御本人に お聞きするようにしています。

お持ち帰りになる方と
「いりません」と言われる方は
それぞれ半数ずつ くらいでしょうか。


患者さんが お持ち帰りされなかった 抜いた歯は

歯根だけになったり 欠片になってしまったものは
医療廃棄物として専門業者に依頼し 処分しています。


親知らずなどで 虫歯になっていない歯や
虫歯などの損傷が 大きくない歯は
消毒し ホルマリン漬けにして 保存し

スタッフの勉強に使ったり
歯科大学や専門学校の学生の 教材として
使用させていただいています。



皆さまも
もしも 抜歯をした場合に
ご自身の歯を お持ち帰りになりたい時には
遠慮なく お申し付けくださいね。
血液を洗って ケースに入れて お渡しいたします (^^)


医療法人 審美健康会 山本歯科医院 
http://www.yamamotoshika.com

posted by 達さん at 14:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月18日

審美健康会ブログ 歯みがき粉の歴史



医療法人 審美健康会 山本歯科医院
http://www.yamamotoshika.com
歯科衛生士の高橋です。





皆さまが 歯をみがく時に使っている 歯磨剤、
一般的には 「歯みがき粉」って 言いますよね。

粉じゃないのに どうして「歯みがき粉」なんだろう?って
不思議に思ったことは ありませんか?



実は
歯みがき粉が はじめて登場し商品化された時は
実際に 粉 だったそうです。

日本初の 歯みがき粉が 発売されたのは 1643年
江戸時代の頃。

当時の歯みがき粉は
貝殻の粉末や 塩・香料などを 混ぜ合わせたもので
粉状のものでした。

なんと 100種類ほども 販売されていたようですよ。
商品名も
御歯磨・匂ひ磨き・嗽石香・梅香散・・・などなど。

明治時代になって
ようやく ペースト状や液体の歯磨剤が登場し
練り歯みがき とか 水歯みがき と 呼ばれたようですが

200年以上も
「歯みがき粉」という言葉を使っていたため
すっかり「歯みがき粉」という言い方が定着していて
今日に至るまで 使われ続けているようです (^^)

医療法人 審美健康会 山本歯科医院 
http://www.yamamotoshika.com
posted by 達さん at 15:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする