2018年10月17日

審美健康会ブログ 古代ローマ人の憧れは 塩ハミガキ?


医療法人 審美健康会 山本歯科医院
http://www.yamamotoshika.com
歯科衛生士の高橋です。



前回は
お釈迦様も 歯みがきの大切さを説いていた と
お話しましたが

今回は
古代ローマのお話です。


古代ローマ帝国の貴族たちは
爪楊枝のような木のピックを使って 歯を清掃していた
という記録が 残っているのですが

それと同時に
バラの花を粉末にしたものや
鹿の角、ハツカネズミの頭骨から採れる灰、
馬の蹄を使った薬 などを 歯みがき粉にして
歯のケアをしていたようです。


お口の衛生に 関心が高かったのは
糖尿病からくる歯周炎に苦しんでいた貴族が
とても多かったから だそうです。

同じ貴族でも
皇帝や 皇后など 皇室のトップクラスは
塩 を 歯みがき粉として使っていたそうです。

当時 塩は
塩 一握 = 毛皮 一枚 と言われるくらい
高価で貴重なもの だったとか。

初代ローマ帝国皇帝オクタヴィアヌスの 姉が愛用していた
塩ハミガキ粉の処方の記録が
今でも残っているのだそうです。

古代ローマ人にとっては 塩ハミガキ粉は
憧れのデンタルケア だったのかもしれませんね (^^)



あ・・・

言うまでもないことですが

現代人の皆さまは
塩を 歯みがき粉の代わりには しないでくださいね〜。

確かに 塩には 歯肉をひきしめる効果は ありますが
ザラザラの結晶の粒が
歯と歯肉を傷つけてしまいますからね (^^)b

医療法人 審美健康会 山本歯科医院 
http://www.yamamotoshika.com

posted by 達さん at 15:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: