2018年10月11日

審美健康会ブログ 「歯ぎしり」してますね! 言われると ちょっと!? と思う方へ



医療法人 審美健康会 山本歯科医院
http://www.yamamotoshika.com
歯科衛生士の高橋です。



前回は
歯ぎしりのタイプ について お話しましたが、
お読みいただけましたか?

今回は
私が 毎日の診療の中で
歯ぎしりの ちょっと不思議に思っていること を
書いてみようと思います。



それは
<歯ぎしり> と <くいしばり> の イメージの違い です。


以前、山本院長も 当ブログの中で

歯ぎしりを指摘すると
『私は 歯ぎしりなんて していません!!』と
怒り出す患者さんもいる・・・

というようなことを 書いていましたが

http://total-whitening.seesaa.net/article/411470703.html

歯ぎしりをしていることを 認めない方は
とてもたくさん いらっしゃって
皆さん なぜか かたくなに
『歯ぎしりなんて 絶対にしていない』と 拒みます。

確かに 歯ぎしりは
歯に悪影響がありますし
けして良いとは言えない習慣ですけれど・・・

<歯ぎしり>って
<虫歯>や<歯周病>と同じで 歯科では 傷病名 なんです。

「風邪ですね」と お医者様にいわれて
『いいえ!私は風邪なんてひいていません!』というのと
同じことですよね?


ところが
それが <歯ぎしり> ではなく <くいしばり> となると

一転
『くいしばりなら あります!』
『私 くいしばってます!』 という方が
たくさん いらっしゃるんです。


<歯ぎしり> は 認めたくなくて
<くいしばり> は 認める。

これって いったい 何の差なのでしょう???

ギシギシ・・・な 歯ぎしりは
音がうるさいイメージ?
それとも
悔しがるような キリキリした イヤなイメージで

グッと 噛みしめる くいしばりの方は
がんばってる私!のような イメージなのかしら?


ほ〜んと 不思議です。


歯科医師や 私たち歯科衛生士は
歯や お口の中の いろいろな所見は もちろんですが

それだけではなく

たとえば
診療中の 頬や口唇の 力の入り具合 とか

レントゲンを撮る際などの
静止している時の お顔の状態 などから

歯ぎしりや くいしばりを 窺い知ることもあります。


歯ぎしりも
ただの 良くない癖 ではなく
傷病のひとつ と お考えいただき

歯科医師の診断や 歯科衛生士の指摘やアドバイスに
耳を傾けていただけたら と思います。



医療法人 審美健康会 山本歯科医院 
http://www.yamamotoshika.com

posted by 達さん at 14:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: