2018年10月10日

審美健康会ブログ 歯ぎしりの 3つのタイプ



医療法人 審美健康会 山本歯科医院
http://www.yamamotoshika.com
歯科衛生士の高橋です。



おせんべいは 10kg
フランスパンは 30kg

これは ものを咬むために 歯にかかる重力です。

そして 歯ぎしりは 60〜80kg

なんと 歯ぎしりには
こんなにも強い力が かかっているのですね。

歯のエナメル質は とても硬いものですが
これでは 歯ぎしりによって 歯がかけたり、
折れたり、擦り減ってしまったりするのも
不思議ではありませんね。

さらに 歯だけでなく
顎や 首、肩、腰と 全身にも影響を及ぼすので

たかが 歯ぎしり と 軽視してはいられませんよね。
 


ところで
歯ぎしりには 3つのタイプがあるのを ご存知ですか?
 

1つめは グラインディングタイプ。

 キリキリ、ギシギシ、歯を擦り合わせる
 いわゆる「歯ぎしり」といわれるものです。

2つめは クレンチングタイプ。

 無意識に グッと 強く噛みしめるタイプで
 「くいしばり」ともいわれます。

3つめは タッピングタイプ。

 カチカチ カチカチ
 歯をすばやく咬み合わせて鳴らすタイプです。

これらは 寝ている時に限らず
起きている時にも 行なわれます。

「歯ぎしりをしていますね。」と言われると
あまり 良い気持ちはしないと思いますが

気付くこと、自覚すること は
治療・予防の はじめの1歩です。


気になる方、お心当たりのある方は
歯科医師の診断を受けてみてください。

日常生活の中で気をつけることのアドバイスや
是正方法のご指導、
ナイトガード(マウスピース)のご提案などを
させていただきます。

ぜひ お気軽に お声掛け、ご相談くださいね。



医療法人 審美健康会 山本歯科医院 
http://www.yamamotoshika.com

posted by 達さん at 09:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: