2018年02月21日

審美健康会ブログ <トゥース・フェアリー>を ご存知ですか?


医療法人 審美健康会 山本歯科医院&横浜ホワイトニング・インプラントセンター
http://www.yamamotoshika.com
歯科衛生士の高橋です。


子供の乳歯が生え変わりで 抜けた時
上の歯なら 床下へ
下の歯なら 屋根の上へ
抜けた乳歯を投げる という言い伝えがありますよね。

続いて生えてくる永久歯が
健やかに生えてくるように
その方向に導いてくれるように願いを込めた
おまじないです。

また その際に
『ネズミの歯のように強くなーれ!』とか
『ネズミの歯と変ーわれ!』などと
願いを掛けることもあるとか。
ネズミの歯が どんどん伸びることにあやかっての
ことでしょうか。

同じような おまじないや習慣は 世界中にあり
ネズミだけでなく
スズメだったり カラスだったり
お月さまや 聖ヨハネなど 多種多様のようですし
お日さまに向かって投げたり 畑に埋めたり
方法もいろいろあるのだそうです。


欧米には
抜けた乳歯を 枕の下に置いて眠ると
歯の妖精<トゥース・フェアリー>が 歯を集めに来て
歯を持っていく代わりに コインを置いていく という
言い伝えがあります。

妖精は きれいな乳歯しか持って行ってくれないので
虫歯予防のための戒めにもなっているのですね。



この<トゥース・フェアリー>にちなんだ
日本財団 日本歯科医師会トゥースフェアリープロジェクト
という活動があります。

歯科医院で 治療の際に撤去した金属(金・銀・パラジウム等)を
リサイクルし 寄付金として
難病の子供たちへの支援や
学びたくても学べない子供たちのための学校建設など
未来を担う子供たちをサポートする活動に役立てています。
20180221_140254.png

私たち山本歯科医院も このプロジェクトに賛同し
参加しています。

患者の皆さまの
壊れて外れてしまったり また治療のために撤去した
役目を終えた金属は すべて
このトゥースフェアリープロジェクトに寄付しています。

もちろん
取れてしまった金属や 撤去した金属を
お持ち帰りになりたい という患者の皆さまも
いらっしゃいますので
そのような場合には お声掛けいただければ
持ち帰ってくださっても大丈夫ですよ。

また
以前に使っていた入れ歯や 金歯・銀歯などが
お家に眠っていましたら
持参していただければ
お預かりして 寄付させていただくことも出来ます。



知らないままでいたら 処分してしまう物で
子供たちのための社会貢献活動に参加できるのは
とてもうれしいことですね。


医療法人 審美健康会 山本歯科医院&横浜ホワイトニング・インプラントセンター 
http://www.yamamotoshika.com
posted by 達さん at 15:05| Comment(0) | Blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: