2017年09月28日

審美健康会ブログ 「ホワイトニング」は診断してから行うものなのです

医)審美健康会 山本歯科医院&横浜ホワイトニング・インプラントセンター
www.yamamotoshika.com
院長の山本達郎です

当院では歯のホワイトニングを希望されて来院される方がとても多いです。
そうした患者さんから相談されたときにに、私がいつも気になっていることがあります。
「他院(ホワイトニングサロンも含みます)でホワイトニングしたけど、あまり白くならなかったのでここに来ました」とおっしゃる方がけっこういらっしゃることです。

<ホワイトニングは薬剤による酸化作用で歯の着色成分を酸化分解して無色化することで歯を白く見せる>という原理

は昔からすでにわかっていることです。ですから歯を白くさせることは、歯科医師であれば誰がやっても同じ結果が出るはずなのです。

しかし!
患者さんからすると もっと白くしたいと思っていたのに白くしてもらえなかった
のは
そこのクリニックで使用している薬剤が自分に合わなかったんではないか? とか 
ホワイトニングサロンの中で特定なオフィスホワイトニングシステムだけが歯を白くさせます!という風な宣伝につられてしまったり

・・・というふうに 患者さんが悩んだり疑心暗鬼に陥ってしまう現状があります。

私が大学や歯科医師会で ホワイトニングの教育講演で歯医者さんたちにお話しすることは 

有効なホワイトニングシステム(著名な中国メーカーで無効なシステムがあります!)であれば、時間的に早いか遅いかは差が出ますが 必ず 同じ結果になります!

ということです。

しかし!
患者さんは なかなか白くならないことで 不安になってクリニックを代えたりホワイトニングを止めてしまったりします。

このときの患者さんの心の中に生じる葛藤を想像してみると

何時になったら自分の歯は白くなるんだろう?
どのくらい自分の歯は白くなるんだろう?
白くするのに(薬剤代などの)治療費はどのくらいかかるんだろう?
こんなに長くホワイトニング続けていて体に悪くないんだろうか?

といったことがあるんではないでしょうか。

こうした不安を消すためには ホワイトニングする前に ホワイトニングが完了した時点の結果や治療期間が 予め 歯科医師によってわかりやすく明示されていれば とても安心できるのではないでしょうか?

当院では 生活歯ホワイトニング診断法 という確実な診断を行うことで ホワイトニングを始める前に 治療が完了した予後を示すことができます。そして患者さんに自分と似た治療パターンをモニターでを通して 直接目で見て「こんな感じなります」ということをご確認いただいてから治療を開始することができます。

また
ホワイトニング剤は 先に書いたように酸化剤=活性酸素・フリーラジカルという からだにとってマイナスとなる薬剤を使用することが不可避です。

しかし、当院は この酸化剤の使用を最短期間に抑える方法を知っています。

ホワイトニング治療に不安な方 できるだけ手早くホワイトニングを完了したいと思ってらっしゃる方は 是非 当院にご相談ください。

山本歯科医院では 貴方にとってベストなホワイトニング治療をご提供できる経験 技能 知恵 を持っています!
 
医療法人 審美健康会 山本歯科医院&横浜ホワイトニング・インプラントセンター 
http://www.yamamotoshika.com
posted by 達さん at 11:33| Comment(0) | Blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: