2017年08月23日

審美健康会ブログ 口臭が気になる! A 口臭の解決ポイント


医療法人 審美健康会 山本歯科医院&横浜ホワイトニング・インプラントセンター
http://www.yamamotoshika.com
歯科衛生士の高橋です。

前回は
口臭の原因・種類について お話しました。
今回は
それぞれの口臭の対策ポイントを書いていきますね(^^)b



〔1〕食後の口臭

食後の口臭を 今すぐに消したい
外食で すぐには歯磨きも出来ない
そんな時には 緑茶か烏龍茶を飲んでみてください。

緑茶には
<葉緑素>という消臭効果のある成分が含まれていることと
<カテキン>による殺菌作用が期待できるので
すぐに口臭を消したいときに有効です。
烏龍茶は
<タンニン>と<カテキン>の殺菌作用のよって
口の中の細菌の繁殖が抑えられ
また <ポリフェノール>が
虫歯の原因となるミュータンス菌を抑制してくれるので
食後には良い飲み物です。

他には ミントフレーバーのタブレットやガムなどで
口臭を マスキングする方法もありますが
あくまでも その場しのぎ と思ってくださいね。


〔2〕緊張やストレスによる口臭

緊張したり ストレスを感じたりすると
お口の中が乾いてネバネバした状態になります。

人間の唾液は 通常はサラサラで酸素を多く含んでいます。
こうした正常な時には
臭いの成分を分解する能力が高いのですが
お口の中が乾いていると 酸素不足になり
腐敗が起きることで口臭が発生してしまうのです。

このような場合には
お水を飲んで お口の中を潤すことで 改善されます。


〔3〕起床時の口臭

朝 目覚めた時に感じる お口の不快感や口臭には
理由があります。
人間の口の中には<バクテリア>が存在していて
このバクテリアが 肺から送られてくる臭いと融合して
不快な口臭を発生させるのです。

バクテリアを殺菌するには 唾液が必要なのですが
就寝中は その唾液の分泌量が減少してしまうので
バクテリアが増殖して 口臭の原因を作ってしまうのです。

起床時の お口のネバつきや 口臭を防ぐには
就寝前の口腔ケアが重要です。
しっかりと時間をかけ 丁寧に歯を磨くことで
細菌の増殖を防ぎましょう。


〔4〕空腹時の口臭

お腹が空いた状態の時に発生する口臭を<飢餓口臭>と言います。
これは 膵液と呼ばれる消化液が分解されて ガスが発生し
口臭の原因になります。

また
食事を摂らない状態でいると 唾液の分泌量も低下するので
お口が渇いて 口臭につながります。

食事をして 空腹を満たせば 飢餓口臭は消えます。
どうしても食事を摂れない時は
水を飲むことで 口腔内を潤し
空腹感を多少なりとも改善させましょう。


〔5〕虫歯による口臭

虫歯が進行して 歯に穴があき
その穴に汚れが蓄積・腐敗して 臭いを発します。

虫歯は 自然に治ることはありません。
歯科医院で 早めに治療しましょう。


〔6〕歯周病による口臭

歯周病で 歯周ポケットが深くなると
汚れが ポケット内に蓄積し 口臭の原因となります。
また 歯肉の炎症が進み 膿が出るようになると
さらに強い口臭がします。

セルフケアだけでは
進行した歯周病を改善することは難しいので
歯科医院を受診し
適切な治療やケアを受けましょう。


〔7〕舌の汚れによる口臭

舌の表面に 白っぽい苔のような汚れ <舌苔>が付いて
口臭の原因となっていることは とても多いです。
まずは 歯科医院で相談してみましょう。

舌ブラシで拭掃し 舌苔を除去すると
口臭は改善されますが
舌は とても傷つき易いので
必ず 舌専用のブラシを使うことが 重要です。


〔8〕身体の病気による口臭

お口の中に何の問題もなく それでも口臭がある場合は
身体の他の器官の病気が考えられます。
鼻や咽喉の病気、呼吸器の病気、消化器の病気、肝臓の病気、
糖尿病、癌 などです。

その病気を治すことが第一です。


〔9〕心理的な口臭

簡単な言い方をすると「思い込み」や「気にし過ぎ」で
実際には さほど強い口臭はないことが多いようです。

ただ ご本人にとっては 大きな問題ですので
まず 専門家(歯科医師)に きちんと診断してもらうことを
お勧めします。



マウスウォッシュや ガムやタブレットで
一時的に口臭をマスキングすることも
ときには有効ですが
原因がわからなければ 解決にはなりません。

口臭が気になるときには
ぜひ 山本歯科医院に ご相談ください。
原因を見極め、口臭を改善・予防していきましょう。


医療法人 審美健康会 山本歯科医院&横浜ホワイトニング・インプラントセンター 
http://www.yamamotoshika.com
posted by 達さん at 15:38| Comment(0) | Blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: