2017年06月21日

審美健康会ブログ 歯とカルシウムの関係A 〜歯周病とカルシウム〜


医療法人 審美健康会 山本歯科医院&横浜ホワイトニング・インプラントセンター
http://www.yamamotoshika.com
歯科衛生士の高橋です。

前回は
『大人が カルシウムをたくさん摂っても 歯は強くならない』
という 少し残念なお話をしましたが
http://total-whitening.seesaa.net/s/article/450825065.html

《歯周病》には カルシウムの摂取が大きく関わってきます。

今回は
《歯周病とカルシウムの関係》について お話しますね。


皆様は
《歯周病》って どんな病気だと思いますか?

歯肉が腫れる?
歯肉から血や膿が出る?
歯がグラグラして 抜けてしまう?

実は《歯周病》は 骨が溶けてしまう病気です。
そして
溶けてしまった骨は 元通りには戻りません。
20170621_141943.png

そこで
いかに骨を溶けさせないようにするか が
歯周病を予防していく上で とても重要になります。


体内のカルシウムの99%は 「骨」と「歯」に存在し
残りの1%は 「血液」に存在しますが

血液中のカルシウムが不足すると
『ちょっと足りないから 分けてね〜』と
骨から カルシウムを奪っていきます。

ですから
カルシウムの摂取が少ないと
骨が だんだんと スカスカになってしまうのです。

先ほど お話したように
《歯周病》は 《骨が溶ける病気》ですから
スカスカの脆い骨であればあるほど
溶けるスピードは 速くなってしまいます。

食品由来のカルシウムを
1日500mg以下しか摂取していない人は
1日800mg以上摂取している人と比べると
歯周病リスクは 1.6倍になると言われています。

骨粗鬆症も 歯周病も 骨の病気ですから
カルシウムを毎日きちんと摂り 丈夫な骨でいることが
歯周病予防にとって とても重要なのです。

もちろん
虫歯も 歯周病も
細菌の塊である歯垢(プラーク)によって 引き起こされるので

毎日の丁寧な歯磨き(プラークコントロール)と
歯科医院でのプロによるケアは 欠かせませんよ(^^)b



医療法人 審美健康会 山本歯科医院&横浜ホワイトニング・インプラントセンター 
http://www.yamamotoshika.com
posted by 達さん at 13:50| Comment(0) | Blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: