2017年06月13日

審美健康会ブログ 歯とカルシウムの関係@ 〜カルシウムで歯は強くなる? 〜


医療法人 審美健康会 山本歯科医院&横浜ホワイトニング・インプラントセンター
http://www.yamamotoshika.com
歯科衛生士の高橋です。

『歯のために カルシウムをたくさん摂ろう!』
『カルシウムは歯を強くする!』
多くの方が そう思っていますよね。

『歯を強くするために 毎日牛乳を飲んでいる』
そんな方も 少なくないと思います。

歯の主成分は カルシウムですから
カルシウムを摂って歯を強く丈夫にする!というのは
当たり前 と思ってしまうのですが

実は これ
<半分は正解> で <半分は間違い> なんです。
20170613_152422.png


大人が カルシウムを いくら摂っても
歯は強くなりません。

なんだか 夢も希望もない話になってしまいますが (>_<)💦

いったん出来上がった歯からは
カルシウムの移動は ほとんど無いと言われていて
大人になってから どんなにカルシウムを摂取しても
歯の強さに変化はありません。
そして
身体がカルシウム不足になっても
歯が脆くなる ということもありません。

大人の場合
カルシウムの摂取と 歯の強さ・弱さは
関係ないのです。


ですが
子供の場合は 違います。

歯がつくられる時期に
カルシウムをしっかり摂らないと
歯は脆くなります!

歯や骨の主成分であるカルシウムは
歯や骨がつくられる時に不足してしまうと
強く丈夫な歯や骨はできません。

乳幼児期や
歯の生え変わりのある学童期には
特にカルシウムを必要としますので
十分に摂取しなければいけません。

乳製品や お魚・お肉を しっかり食べて
歯や骨を 強く丈夫にしましょう。


さて・・・

大人になって カルシウムを摂っても
歯が丈夫になったり 虫歯になりにくくなるということは
ないのですが

虫歯以外の もうひとつの歯の病気 《歯周病》には
カルシウムが 大きく関わってきます。

次回は 歯周病とカルシウムの関係について
お話していきますね。



医療法人 審美健康会 山本歯科医院&横浜ホワイトニング・インプラントセンター 
http://www.yamamotoshika.com
posted by 達さん at 14:57| Comment(0) | Blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: