2017年03月25日

審美健康会ブログ 『がんばりすぎ』に 気をつけましょう!


医療法人 審美健康会 山本歯科医院&横浜ホワイトニング・インプラントセンター
http://www.yamamotoshika.com
歯科衛生士の高橋です。

春ですねぇ(^▽^)

3月・4月は
卒業や 進学、進級、また 新生活など
新しいことの始まるフレッシュなイメージの季節ですが

『がんばりすぎ』に注意!! の 季節でもあるのです。



新たなスタートに 何事にも一生懸命になり
がんばりすぎていませんか?

ついつい肩に力が入り 歯をグッと噛みしめていたり
ストレスから 寝ている間に歯ぎしりをしたりして
歯や顎に 不具合を起こしてしまうことが 多くみられます。

身体や 精神的な疲労から 筋肉の異常緊張が起きて
無意識に 歯ぎしりや くいしばりをしてしまうのです。

朝 起きた時に 顎が疲れていたり
肩こりや 頭痛などは ありませんか?


また
歯ぎしりや くいしばりは 自分ではわからない場合も多く
「歯ぎしりしているようですね」と 指摘すると
「私は歯ぎしりなんてしていません!」と否定する方が
とても多いのも特徴なのですが

歯ぎしりをしている人には
歯の磨り減りやチッピング(かけ)、マイクロクラック(ひび)、
そして 歯だけではなく
頬の粘膜や舌に 歯の痕(圧痕)があったり
骨がコブのように(骨隆起)盛り上がっていたりするなど
いくつかの特有の状態があります。
ご自分に このような所見があるのかどうか
一度 歯科医に診断してもらうと良いかもしれませんね。
 


過度の噛みしめは 確実に歯や顎を傷めます!

たかが歯ぎしりと放っておかず
ぜひ 歯科医院に相談してくださいね。



そして もう1つ
気をつけてほしい『がんばりすぎ』は 歯磨きです。

「よく磨いてくださいね」
「しっかり磨きましょう」
そう指導すると
皆さん 一生懸命にゴシゴシと磨いてくれます。

指導を しっかりと真面目に受け止めて
ご自身の歯や歯肉を良くしようと努力されるのは
歯科衛生士として とても嬉しいのですが

真面目な方ほど 『がんばりすぎ』て しまうのです。

一生懸命になるあまり 力が入りすぎて
歯ブラシを強く押しつけてしまったり
また
動かし方(ストローク)も大きくなってしまいます。

歯ブラシは その毛先を使って 歯垢を刷掃するものなので
強く押し付けると 毛先が開いてしまい
歯垢をきれいに落とせなくなりますし、
大きなストロークでは 狭い隙間の汚れに届きません。
そして キレイに磨けない というだけでなく
歯や歯肉を傷つけてしまうことが とても多いのです。

せっかくのがんばりを 台無しにしないように
歯磨きは やさしく丁寧に してくださいね。



がんばることは大切ですが 『がんばりすぎ』は 要注意!

『がんばりすぎ』かなぁ? と 感じたら
まず 肩の力を抜いて
「ハァーッ (^о^)」と 声に出しながら
大きく ゆっくり 息を吐き出してみましょう。

噛みしめていた歯と歯が開いて リラックスできますよ(^^)b



医療法人 審美健康会 山本歯科医院&横浜ホワイトニング・インプラントセンター 
http://www.yamamotoshika.com


posted by 達さん at 13:54| Comment(0) | Blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。