2017年03月21日

審美健康会ブログ 身体に良い食べ物は 歯に悪い?!


医療法人 審美健康会 山本歯科医院&横浜ホワイトニング・インプラントセンター
http://www.yamamotoshika.com
歯科衛生士の高橋です。


歯のメインテナンスを長く担当させていただいている患者さんで
お口の中の急な変化に あれ? と思うことが 時々あります。
突然 虫歯が多発してしまったり、
今までなかったステイン(着色)が 濃く沈着していたり、
健康だった歯のエナメル質が溶けだしてきたり・・・

『食生活や生活習慣で 最近 何か変わりましたか?』
そう尋ねて

『最近 甘いものを たくさん食べてしまっているのよね』
『コーヒーばかり飲んじゃって』
『タバコをやめたら口寂しくて ついアメを舐めてしまうんだ』
など
患者さん御本人にも
良くないことをしているという自覚があるときは
まだ良いのです。
『良くないのでやめましょう!!』と指導できますからね。

でも

『健康に良いから!』と
お酢・レモン・梅干し・ヨーグルトなどを
『積極的に摂るように心がけているんです!』とか
また
『熱中症予防に!』『脱水症状はコワイから!』と
スポーツ飲料ばかり飲むようにしているとか
『ポリフェノールが良いって聞いたので!』と
赤ワインを飲むという方とか

つい先日は
『噛むことは認知症の予防になるから!』と
毎日 数時間、ガムを噛み始めた方もいました。

健康のために と 努力をしている方に
『歯に悪いから!』と
全部を否定するのは…難しいですよね(>_<)

かと言って
歯に悪いことを 見過ごすわけにもいきません。

お酢やレモンなど 酸の強いものは
酸蝕症(酸によって歯のエナメル質が溶ける)になってしまうし

スポーツ飲料には 大量の糖分が入っていて
虫歯を多発させてしまいます。

赤ワインは ステイン(着色)が濃く着いてしまうし

毎日 何時間もガムを噛み続けたら
歯は磨り減り かけたり、割れたり、
また
歯を支える骨(歯槽骨)に過度のストレスを与え骨吸収を起こし
顎の関節にも悪影響がでます。

結局
《歯に良くない理由》を説明して
食べたり飲んだりを 少し控えめにしていただき
そして
その後のケアを アドバイスするようにしています。

酸の強いもの(お酢・レモン・梅干しなど)を食べたら
直後には 歯磨きをしないでください。
酸によって溶け出し やわらかくなったエナメル質を
歯ブラシと歯磨き粉で 削ってしまうことになります。
直後は 水でうがいをして 酸を中和してください。
歯磨きは 少し時間をおいてからにしましょう。
毎日のエナメル質のケアに《MIペースト》を使用するのも
とても有効です。

スポーツ飲料についても
飲んだあとは 水で よくうがいをしてください。
糖分を口腔内に残さないようにしましょう。

ステイン(着色)が気になるときは
必ず歯科医院でのプロのケアを受けてください。
ご自身で 研磨剤の荒いヤニ取り用の歯磨き粉などで磨くと
歯のエナメル質が傷だらけになり
ますますステイン(着色)が沈着しやすくなってしまいます。

そして
『噛むことは 認知症予防になる!』
それは正しいことですが
ガムを長時間 噛み続けるのは 歯と顎関節には危険です。
毎日の食事を 一口一口しっかりと よく噛むことで
アンチエイジングに繋げましょう。




医療法人 審美健康会 山本歯科医院&横浜ホワイトニング・インプラントセンター 
http://www.yamamotoshika.com


posted by 達さん at 16:31| Comment(0) | Blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。