2016年11月14日

審美健康会ブログ ナイトガードについて


医療法人 審美健康会 山本歯科医院&横浜ホワイトニング・インプラントセンター
http://www.yamamotoshika.com
歯科衛生士の佐藤です
タイトル 


寒くなりましたね、立冬が過ぎ一日一日寒くなるのを感じます。

みなさん、寒いと歯をくいしばりませんか?
体全体に力が入りやすくなり、気付くとぐっと噛みしめている事があります。
このくいしばり、私達の体にはあまりよい行動ではありません。
首の張り、肩こりなど慢性的に起きているこういった事も
くいしばりなどからきている事が多いのです。
その他にも顎のえら張り、知覚過敏、最悪のケースでは歯が割れてしまう(歯牙ハセツ)
など、お口の中のトラブルはくいしばりが原因とされている事がほとんどです。

この事をTCH(tooth contacting habit)(歯列接触癖)といいます。

実は気付かずにTCHになってきてる方が多くなっているのです。
このTCH、治療するにはナイトガードと呼ばれるマウスピースを
はめるのが良いのです。
マウスピースと聞くと、スポーツ選手がはめている歯全体を覆って、
外からでも見えてしまう物を思い浮かべてしまうかもしれませんが、
当医院で使用しているマウスピースは、咬み合わせる部分を
覆うタイプのものになります。

このナイトガードを使う事により歯同士のぶつかり合いをふせぎ、
緩衝材の役割になります。
歯同士がぶつかりあうと『アブフラクション』という現象がおきます。
アブフラクションとは、咬み合わせが強すぎる事でおきる
歯質の欠損の事で、歯の構造上、もろい部分、歯と歯茎の境目に
おこりやすいとされています。
    

こうなると知覚過敏がおきやすくなり、俗に言う“しみる”という
症状がでてしまうのです。
しみるのを防ぐ為だけではなく、ストレスの緩和であったり、
将来的に歯を失うのを防ぐためであったりと、ナイトガードを使う事で、
お口のトラブルを回避できれば幸いです。


医療法人 審美健康会 山本歯科医院&横浜ホワイトニング・インプラントセンター 
http://www.yamamotoshika.com

DSC_1466.JPGDSC_1464.JPGDSC_1467.JPG
posted by 達さん at 16:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: