2016年10月12日

審美健康会ブログ インフルエンザ予防に<歯磨き>が効果的!


医療法人 審美健康会 山本歯科医院&横浜ホワイトニング・インプラントセンター 
http://www.yamamotoshika.com
歯科衛生士の高橋です。

毎年 大流行し たくさんの人を悩ませる
インフルエンザ

予防のために
マスクを着けたり、うがいや手洗いを こまめにしたり、
ワクチンの予防接種を受ける人も 多いですよね。

そんなインフルエンザの予防には 歯磨きが有効! って
ご存知ですか?

ある介護福祉施設の研究では
週1回、
歯科衛生士が 歯磨き指導と歯垢除去を行なったところ
何もしなかった施設と比べて
インフルエンザの発症率が 10分の1に激減したとの
報告があります。
10分の1 って すごいですね♪

また ある小学校では 
歯磨き促進運動によって 学級閉鎖が半減したそうです。

では
なぜ歯磨きが インフルエンザ予防に効果的なのか?

それは
ウイルスの粘膜侵入を予防できるからです。

口の中には 
ウイルスが簡単に侵入しないように 粘膜をガードしている
たんぱく質の膜がありますが
この膜は 
歯垢などから発生する酵素によって 破壊されてしまうので
歯磨きをすることで 歯垢や細菌を取り除き
この膜を守って
ウイルスが粘膜に侵入するのを防ぐことができるのです。


そこで   (๑•᎑•๑)b
インフルエンザ予防に より効果的な歯磨きのポイントを
お教えしますね。

★ポイント・1★ 《朝起きて すぐ磨く》

朝のお口の中は 夜に繁殖した細菌でいっぱいです。
そのまま食事をすると
細菌や たんぱく分解酵素の大部分を飲み込むことになり
ウイルスを体内に取り込みやすくしてしまいます。
インフルエンザの予防には 朝食前に歯磨きするか
うがいだけでもして、菌を外に出すように意識しましょう。

★ポイント・2★ 《舌も磨く》

舌の上にも たくさんの細菌がいます。
忘れず一緒に磨きましょう。
ただし、舌の粘膜はブラシでこすると傷つけてしまうので
必ず 専用の舌ブラシを使ってくださいね。
 
★ポイント・3★  《清潔な歯ブラシを使う》
 
お口の中には約300種類の細菌が生息しています。
その細菌を毎日数回こすりとっている歯ブラシですから
当然 細菌の溜まり場になっています。
1ヵ月に1本を目安に交換して
常に新しく清潔な歯ブラシを使いましょう。
 
 
毎日 何気なくやっている歯磨きも
ちょっと意識して行うことで
虫歯や歯周病だけでなく
インフルエンザの予防にも繋がるのですね。
 
インフルエンザは 命に関わることもあるものです。
うがいや手洗いに 丁寧な歯磨きをプラスして
インフルエンザを予防していきましょう   ٩(* 'ω' *)و
 
 


医療法人 審美健康会 山本歯科医院&横浜ホワイトニング・インプラントセンター 
http://www.yamamotoshika.com
20161012_080713.png
posted by 達さん at 15:12| Comment(0) | Blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: