2014年12月29日

納会しました

年末の27日 治療が終わり みんなで院内のお掃除をしたあと 今回は横浜ベイシェラトンの和食屋さんでお魚を食べながら和気あいあいと山本歯科医院の納会をしました。

シャンパンで乾杯したあとは 日本酒飲みたい人もワイン飲みたい人も それぞれ自分が好きなお酒を飲みながら 今年1年を振り返って楽しく過ごしてきました。うちのスタッフは飲み会では はじめから無礼講です。

治療の最終日が土曜日だったので、院長の山本の後輩で東京医科歯科大学インプラント科で学位を取得したばかりの楠本先生をはじめ、本日は新宿の歯科で昼間の仕事していた火曜日担当の本学附属病院で顎義歯外来助教の乙丸先生も横浜に駆けつけて納会に参加して久しぶりに盛り上がりました。

今年は山本歯科医院にとって大きな変化 とともに なかなかいいペースに乗れなかった分 スタッフのみんなも苦しんだ1年になりました。

ペースに乗れなかったというのは

全面改装の必要から その間 途切れないように 仮診療所で患者さんの治療を継続する! とは言ってみたものの 元々の規模が違うので 配置できるユニット数に制限がかかり 患者さんのアポイントを満たすこと自体に問題があるばかりか 収納やスタッフが着替えするスペースさえ無い有様で 仮診療所に間借りしていたときには何度「早く元の場所に帰りたい!」と思ったことでしょう。いま思っても 誰も もう戻りたくない!と思っているようです。

ですから
3月から 改装済んで 白くてピカピカの診療所になったときは 思いっきり 幸せな気分になりました!
けれども 一つ困ったことは昨年末で優秀な歯科衛生士の一人が出産で退職してしまい 結局 9月になるまで人不足のまま過ごさなければならなくて 忙しい1年に終始した感が強いです。
ですから 場所は確保できて広くなったものの それを支えるスタッフの不足に振り回されて なかなかペースに乗れなかったのです。

それでもようやく秋以降にスタッフの充足が実り 来年は落ち着きとともに新しい企画を皆様に提示できるように頑張りたいと思います。

これまでにご来院いただいている患者さんの総数も14000人を超えましたし、院内の皆様の直接目に触れないところにはインプラントの模型が山積みされていますし 山本歯科医院では 感染予防の観点から 患者さんひとりひとりにオートクレーブで完全滅菌された切削器具を用意していますので その数はすごいですよ(^^) 今でもこれらの器具や模型をどう収納するか?に関してはスタッフ同士で議論が続いているところです(^^;

患者さんからもいろいろな要望も時代を反映してきているな と思うこともありますし、我々医療者サイドからも最新のシステムや新しい治療内容への変化を提示していきたいと思っています。

例えば 楠本ドクターから提案されたのは ボトックスを用いた 美容および咬合の安定化の治療です。
ボトックス注射治療で顔はほっそりしますし 咬筋が強すぎて歯を噛み砕いてしまうタイプ(実はものすごくこのタイプは多いんですよ)に対する 「健康な噛み合わせを維持するための治療」 としてです。
楠本ドクターは東京医科歯科大学の外来でも来年から取り入れていこうと思っているようで、横浜の皆様方にもご提供が可能になるかもしれません。
さらに
セカンドオピニオンで 他院で治せなかった歯や失敗した治療をリカバーして欲しいという要望が増えてきました。
当院としては、裁判になるような事例や賠償に関わることは サポートできませんが そうでなければ できるだけより快適になっていただけるように努力したい と思っています。

そうするとまた特赦な設備と最新な機器の導入という費用や設置場所の確保に悩みそうです。以前の診療室と比べると無駄なスペースやスタッフに割り当てていたエリアを減らして 診療スペースを各段位増やして広げたんですが 新診療所でも 新しい機器を導入しようとすると実際は結構手狭な感じします。これも課題です。

またホワイトニングの施術や歯科衛生士のメインテナンスの内容も時流を反映するようにいろいろなメニューを考えていきたいと思います。

・・・というように 反省会とともに 来年のいろいろな抱負を語り合った楽しい一夜になりました。

山本歯科医院は頑張りますので 来年もよろしくお願い申し上げます。

さいごに 皆様方のご健康とご健勝をお祈りいたします。
posted by 達さん at 11:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: