2014年03月09日

山本歯科医院の改装のポイント

山本歯科医院院長の山本達郎です。

1月下旬より始まった山本歯科医院の全面リニューアル工事も無事終わり、3月より 相鉄線星川駅直結の星川SFビル4階の元のエリアに戻って いつものスタッフと診療を再開いたしました。45日間もの長期間 臨時休診や狭い仮診療所に通院していただき皆様方へは多大なご不便をおかけしましたことを まずは、院長としてみなさまへお詫びいたします。

しかし、このような犠牲を払ってまで 山本歯科医院が なぜリニューアルしなければならなかったか という理由を少しお話したいと思います。

そもそも・・・リニューアル前の診療所もスタッフや患者様もそんなに「汚い」と思ったり、指摘を受けたことはなかったのですが、私が患者様へのおもてなしを続けてゆくに当たって 既存の施設では 綺麗さ云々はともかく 特に 「クオリティ」 という面において 現代歯科医学に基づいた歯科治療を維持できていないのではないか?という思いでした。そして、見た目の設備もそうですが 診療環境の整備を念頭に考えました。
まず 歯科においては顎骨や歯内部の診断を行うのにたびたびレントゲンを撮る必要があるのですが 従来のアナログレントゲンでは被ばくの量の多さという問題をかかえていました。繰り返し撮影することを考慮すると、この被ばく量を最小限に留めたいと考えて、今回デジタルレントゲンに修正することで約10分の1に抑えることが可能になりました。これにより、被ばく量を圧倒的に減らすことができました。

同時に、CTを新規に導入しました。
最近は、インプラント手術等の前に横船員保険病院にお世話になり、手術前の患者様のCT撮影を依頼しておりましたが、自院でまかなえることで患者様の移動の手間がなくなり 時間的にに余裕があれば リアルタイムでの診断も可能となりました。これは手術時の難しい判断をしなければならないときにも役に立ち インプラント手術の安全性の基準を 「そのはずだ」 から 「実際にこうなっている」 という揺るぎない診断を下させることで 歯科医師 患者 双方の信頼の架け橋となりうる存在になります。
また CTは日常の臨床のにおいても 親不知の抜歯の安全かどうかの診断の可否を決めるときに決定的なデータを提供してくれます。親不知に関しては 顎の内部にある 下顎管との接触事故は最近増加していると報告されており 患者様の治療においての安全性を担保するために必要な場面は今後ますます増えてくるのだろうと思っています。

もうひとつ重要な点は 診療室内の空気環境です。
山本歯科医院が入っている星川SFビルは 周知のように 他に 内科 耳鼻科 皮膚科 小児科などが入っているクリニックモールを形成しています。そして、ビル空調管理は相模鉄道の関連会社がビル一棟管理の下に調節をしていました。そうすると当然ではありますが、ビルの南側と北側とでは室温が非常に異なります。同時に、部屋の乾燥する加減も全然違います。いまの山本歯科医院の場所は、南側の日当たり絶好で2月でも暖房はいらず、むしろ冷房を入れたい!と思う日の方が多いのです。そして、風通しよく内部がとても乾燥しているので加湿器は大いに活躍していました。それが、仮診療所に移動してはじめて感じたんですが、そこではかなり湿気が高くて「蒸し暑い」感じだったのです。つまり、同じビル内でも各診療所ごとに湿度や温度にばらつきがあるのです。
因みに、以前の山本歯科医院に3月に来院された患者様なら、「うわ!暑い(^^;」って思ったご経験があると思います。暑い日で風が強くないときには、窓を開けていましたが 季節がら 花粉症の餌食になり 花粉症の患者様とスタッフにとっては受難の季節になっていたのです。
そこで
思い切って 診療室内の空気管理を 自院ですべて賄う方式に転換しました。
たとえば 朝一番で寒いときだけ弱く暖房 11時くらいからは 冷房に切り替えて 夕方になったら 診療室だけ冷房で待合室は暖房を入れる・・・なんて技も使えるようになりました。
さらに 室内の臭いを消そうと思い 巨大な空気清浄器を2台取り付けました。
その結果 副次的な効果ですが 室内では花粉を全部吸い取ってくれるおかげで 診療室においては花粉症がなくなってしまいました。
患者様が何も気にせず口を開けていることができる環境つくりに効果があった!と自負しております(^^)

このように 今回の診療所の全面リニューアルは ハード面とともにソフト面においても過去の治療環境を劇的に改善する意図をもって行いました。
デザイン的にも 白壁白板床廊下 と 濃い木目色の配色で とても ウッディーな落ち着き で寛げます。また 診療室照明は特殊なLEDライトでキラキラしています。自分で言うのも変ですが 来るのが楽しくなりますよ!

そして
こうした設備に負けないように 皆様方が「また来たい」 気持ちになっていただけるように 新しい山本歯科医院スタッフ一同 これからも一生懸命頑張っていこうと思います。

今後とも よろしくお願い申し上げます。

 山本歯科医院&横浜ホワイトニング・インプラントセンター院長 山本達郎


posted by 達さん at 14:09| Comment(0) | Blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: