2018年10月16日

審美健康会ブログ お釈迦様も伝えていた 歯みがきの大切さ




医療法人 審美健康会 山本歯科医院
http://www.yamamotoshika.com
歯科衛生士の高橋です。




私たち歯科衛生士は
歯と お口の健康向上のため
歯みがきの大切さや 上手にみがく方法などを
お伝えし ご指導していく職業ですが

歯みがきについての 記述や 言い伝えは
はるか遠い時代から 受け継がれてきたようです。



たとえば 古代エジプトのパピルスには
すでに
歯みがきの処方についての記述がありました。

また
インドでは お釈迦様が
『朝早く起きて 虫食いのない木を使って
 歯を磨きなさい』と 啓蒙していたようで
当時の仏典に このような記述があり
お釈迦様の言葉として 伝えられてきました。

歯をみがく という考え方は
仏教の伝来とともに 日本に入ってきたのですね。



時代を超え 民族の違いを超えて
受け継がれてきた 歯みがきの大切さ。

毎日 自分で行なうことだからこそ
正しく しっかりとしていきたいですね。


医療法人 審美健康会 山本歯科医院 
http://www.yamamotoshika.com

posted by 達さん at 15:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする