2018年02月28日

審美健康会ブログ 受診の際には お薬手帳をご用意くださいね


医療法人 審美健康会 山本歯科医院&横浜ホワイトニング・インプラントセンター
http://www.yamamotoshika.com
歯科衛生士の高橋です。


山本歯科医院では
初めて受診される方や
ご来院が お久しぶりな方には
治療に入る前に 問診をさせていただいております。

特に
お身体の健康状態や 既往歴や
服用されているお薬につきましては
安全な診療を提供させていただくため
必ず お聞きするのですが

ご自身の服用されているお薬の名称や種類を
正しく覚えている方は 少なく

「血圧の薬を飲んでいるけど 名前はわからない」
「数種類の薬を出されているけど
 どれが何の薬だったか・・・覚えていない」
という方が 多くいらっしゃいます。

また
「病院で薬を出されているけど 飲んでいないから」とか
「歯には関係ない薬だから・・・」という方も
いらっしゃいます。


歯の治療と お身体の病気とは 切り離して考えがちですが
持病は 歯科治療に大きく影響しますし
他科で処方されているお薬が 歯科に関係する場合も
多々あるのです。

けれど
複数のお薬すべての情報を ご自身で把握して
随時 医師に申告するのは とても難しいことですよね。

服用しているお薬を 正確に伝え
歯科治療への関係や影響を しっかりチェックしてもらうために
ぜひ お薬手帳を御提示ください。
20180228_220151.png

内科や その他の科(特に整形外科)を受診・通院されている方で
お薬を服用している方は
必ず お薬手帳を お見せくださいね。

内科や整形外科で処方されている一部のお薬には
歯科の外科処置が行なえないものや
処方された担当医師との照合・連携が必要なもの、
歯科での処方薬との飲み合わせを考慮しなければならないものも
あります。


患者の皆さまに
安全で上質な医療を提供させていただくにあたって
お薬手帳の情報は たいへん重要なものです。

「歯には関係ない」と ご自身で判断せず
お薬手帳か
もし お持ちでなければ
お薬の実物を持ってきてくださっても大丈夫ですので
問診の際に 御相談くださいね。


歯の健康は
お身体全体の健康につながります。

歯も お身体も 健やかに!
山本歯科医院は
皆さまの元気な毎日のお手伝いをしたいと願っております。




医療法人 審美健康会 山本歯科医院&横浜ホワイトニング・インプラントセンター 
http://www.yamamotoshika.com
posted by 達さん at 17:13| Comment(0) | Blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月27日

審美健康会ブログ もっと知りたい!<フッ素>の効果

医療法人 審美健康会 山本歯科医院&横浜ホワイトニング・インプラントセンター
http://www.yamamotoshika.com
歯科衛生士の高橋です。


<フッ素>が 虫歯予防に効果的ということは
皆さま ご存知ですよね。
TVでも
フッ素を配合した歯磨き粉のCMを よく見かけます。

けれど
どうして どのように 効果があるのかと聞かれたら
よくわからない という方が多いのではないでしょうか?


今日は <フッ素>の効果について お話しますね(^^)b


まず <フッ素>とは 自然界に広く存在する天然成分で
身近な食品にも含まれています。
WHOやFAOが「歯の健康に有益」と認め
虫歯予防のために世界中で積極的に使われています。

<フッ素>には 大きくわけて3つの働きがあります。

@ 歯を硬く丈夫にする (耐酸性・結晶性の向上)

フッ素が 歯に作用すると
歯質はフルオロアパタイトという非常に安定した結晶構造になり
歯が強く丈夫になって 虫歯になりにくくなります。

A 歯の再石灰化を促進する

フッ素には
唾液の中のカルシウムやリン酸を 歯にくっつけてくれる働きが
あるので
歯の再石灰化を助けてくれます。

B ムシバ菌の活動を抑える (酸生成の抑制)

フッ素は
ムシバ菌の出す酵素によって 酸が作られる過程を
ブロックしてくれます。
また フッ素自身も抗菌作用を示します。

歯に直接 働きかけて
歯を丈夫にしたり 再石灰化を促したりすることと
お口の中の環境に 働きかけて
ムシバ菌の活動を抑えてくれることの両方から
虫歯予防に効果があるのですね。
20180224_142642.png


また 「フッ素で虫歯予防!」というと
子供の歯に行なうイメージがあるかもしれませんが

実は フッ素は 大人にも有効なのですよ。

歯周病などで歯茎が下がり
本来 歯茎に覆われているはずの根(象牙質やセメント質)が
露出してしまうことがあります。
象牙質やセメント質は 硬いエナメル質に比べ 弱く
虫歯になりやすいのですが
フッ素を塗ることで 虫歯のリスクを下げることに役立ちます。



虫歯予防に フッ素は とても有効ですが
しばしば誤解されてしまうこともあります。

よく耳にするのは
「フッ素を塗っているから虫歯にならない!」です。

フッ素は 魔法ではありませんから
フッ素を塗っていても
きちんと歯磨きをしなければ 虫歯は防げませんよ。


そして
フッ素の効果を上げるためのポイントは
『継続して使用する』ことです。

山本歯科医院でも
高濃度のフッ素を配合した歯磨剤
ライオン<チェックアップ スタンダード>などを
20170901_170919-d15ae.png
 
御用意しておりますので

ぜひ お気軽にお尋ねくださいね。

正しい歯磨きと フッ素の効果で
しっかりと虫歯予防をしていきましょう!



医療法人 審美健康会 山本歯科医院&横浜ホワイトニング・インプラントセンター 
http://www.yamamotoshika.com

posted by 達さん at 17:13| Comment(0) | Blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月22日

審美健康会ブログ <歯の硬さ> と <虫歯> のお話


医療法人 審美健康会 山本歯科医院&横浜ホワイトニング・インプラントセンター
http://www.yamamotoshika.com
歯科衛生士の高橋です。


今日は
<歯の硬さ> と <虫歯> について 書いてみようと思います。

皆さまは
人間の身体の中で いちばん硬い部分が
歯の表面を覆っている【エナメル質】だということは
ご存知でしょうか?

全身の 色々な組織がある中で いちばん硬い【エナメル質】!

では
いったい どれくらいの硬さなのでしょうか?

硬さの単位に 『モース硬度』と呼ばれる単位があります。

モース硬度 1: チョーク
モース硬度 2: 岩塩・純金
モース硬度 3: 珊瑚・銅
モース硬度 4: 鉄
モース硬度 5: ガラス
モース硬度 6: ムーンストーン・オパール
モース硬度 7: 水晶・人間の歯(エナメル質)
モース硬度 8: エメラルド・トパーズ
モース硬度 9: ルビー・サファイア
モース硬度10: ダイヤモンド

数が大きくなるほど硬くなります。

【エナメル質】は 鉄やガラスよりも硬い 水晶と同じくらいの
硬さです。

ちなみに
人間の爪は モース硬度2.5
骨は モース硬度4〜5 だそうです。

虫歯の治療で 歯を削る場合
エナメル質よりも硬い物でなければ 削ることができないので
切削器具には ダイヤモンド粒子が使われているのですよ(^^)b


しかし
とても硬い【エナメル質】にも 弱いものがあります。

それは
歯垢の中のムシバ菌(ミュータンス菌)が発生させる【酸】です。

ミュータンス菌は
食べ物に含まれる<糖分>を使って 【酸】を作り出します。

エナメル質は この【酸】に とても弱く
ものの数分で溶かされ始めてしまいます。
これを「脱灰(だっかい)」と言います。

ただ
歯は 酸に溶かされても
「唾液」という強い味方によって 再び元に戻ります。
これを「再石灰化」と言います。

けれど
あまりに「脱灰」が進むと
溶けた歯は 元に戻れなくなってしまいます。
これが「虫歯」です。

【酸】が 【エナメル質】を溶かしてしまい
虫歯になってしまうのです。

どんなに硬い丈夫な歯でも
それを維持するには
毎日の正しい歯磨きで 歯垢を除去することが大切なのです。

そして
定期的なメンテナンスで お口の健康を守りましょう!


医療法人 審美健康会 山本歯科医院&横浜ホワイトニング・インプラントセンター 
http://www.yamamotoshika.com
posted by 達さん at 14:21| Comment(0) | Blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする