2017年06月30日

審美健康会ブログ 子どもの歯並び

医療法人 審美健康会 山本歯科医院&横浜ホワイトニング・インプラントセンター
http://www.yamamotoshika.com
歯科衛生士の大場です。

その子の口の中の状態にもよりますが、歯並びが悪くなる原因の多くは6歳までの顎の成長不足によるものだそうです。人の顔の成長は6歳でほぼ8割ができあがります。この時期に歯の生え変わりありますから、顎が適正な大きさに発達していないと、歯はきれいに並ぶことは出来ません。

顎が発達していれば、歯はきれいに並びます。噛むことで顎に刺激が伝わって顎が成長するので、食生活や生活習慣が特に大切になってきます。たとえ矯正治療に成功してきれいな歯並びになっても、咬合や口の周りの筋肉がきちんとしていなければ、後戻りを起こしてしまいます。しっかりとした咬み合わせをもたせ、周りの筋機能を安定させることが必要になります。

それには6歳までの顎の成長期、特に乳歯列期に対するアプローチが大切です。
乳歯列期は成長期なので、“前歯でかぶりつかせる、歯ごたえを残す食事”が顎の発達を促してくれます。上の前歯は咬み切る歯であり、根は長く、鼻の下まであります。前歯で咬むことで歯根を通して上顎の骨に咬む刺激が伝わり、上顎が成長します。顔の約70%が上顎でできているため、前歯でしっかり咬むことにより目や鼻も変化し、顔つきがよくなります。

“前歯でかぶりつく”ようにするには、おにぎりや野菜をたくさん挟んだパン、とうもろこしやスイカなど、一口では口に入らない料理をたべてもらうことです。こどもたちの前歯が包丁代わりになります。

そのほか、食材選びの中で噛みごたえのある野菜やお肉など繊維質を多く含んだものを選ぶといいと思います。

ここでひとつ注意が必要なのが、“噛みごたえのあるもの=硬いもの”ではないということです。硬いものを食べるのがよいわけではなく、噛む回数を増やすことが重要ということです。

難しく考えることはなく、普段の食事で少し意識することが大切だと思います。
子どもの歯並びのために出来ることは意外にも身近にあったんですね。

そしてほかにも顎の成長のためにすべきこと、また注意すべき態癖に対するアプローチがありますのでまた次回、ご紹介したいと思います。

医療法人 審美健康会 山本歯科医院&横浜ホワイトニング・インプラントセンター 
http://www.yamamotoshika.com
posted by 達さん at 09:10| Comment(0) | Blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

審美健康会ブログ 歯とカルシウムの関係B 〜カルシウムを上手に取り入れましょう〜

医療法人 審美健康会 山本歯科医院&横浜ホワイトニング・インプラントセンター
http://www.yamamotoshika.com
歯科衛生士の高橋です。

前々回で
『大人が カルシウムをたくさん摂っても 歯は強くならない』
『乳幼児期や 歯の生え変わり時期の カルシウム摂取は重要』
http://total-whitening.seesaa.net/s/article/450825065.html
そして 前回で
『カルシウムの摂取は 歯周病予防になる』
http://total-whitening.seesaa.net/s/article/451070087.html
という お話をしました。


今回は
カルシウムの上手な摂り方・取り入れ方を お伝えしますね。

カルシウムを摂る・・・と いうと
まず思い浮かぶのは やはり 牛乳 でしょうか。
Screenshot_20170629-151300.jpg
カルシウムとたんぱく質がいっぱいの 万能な飲み物!
毎日 牛乳を飲んでいれば
カルシウム不足にはならない!と 思っていませんか?

大人が 1日に必要とするカルシウムは
牛乳だけで摂ろうとすると コップ3〜4杯になるそうです。
そして
カルシウムは あまり吸収が良くないので
マグネシウムやビタミンDと合わせて摂らないと
効率よく吸収できないようです。

しかも 牛乳を多量に飲み続けていると
腸壁にできる皮膜が 硬く厚くなり
かえって カルシウムやマグネシウムの吸収を妨げてしまう…
という研究報告もあるそうです。

どうやら 牛乳さえ飲んでいれば…では ダメなようですね。

カルシウムの多い食材は
乳製品の他にも 小魚・海藻類・緑黄色野菜 などがあります。
20170629_151410.png
牛乳だけでなく
いろいろな食品から摂取するようにしたいですね。

ビタミンDは カルシウムの吸収をサポートしてくれるので
魚やキノコなど 合わせて食べるようにしましょう。
またビタミンDは 日光を浴びることで体内で合成されるので
屋外での適度な運動や 散歩などが おすすめです。

カルシウムとマグネシウムは
2:1 の割合で摂取するのが理想的です。
マグネシウムは 大豆製品に多く含まれているので
味噌汁や納豆など 日本人には摂りやすいですね。

また
サプリメントではなく 食事で摂取する ということは
『噛む』という観点からも とても大切です。




あ! そうそう(^^)b

『カルシウムをたくさん摂っても 大人の歯は強くならない』
と 書きましたが

内側から 強くならないのなら
外側から 強くしていきましょう!!

《 MIペースト・プラス 》を ぜひ 使ってみてください。
http://total-whitening.seesaa.net/s/article/441370188.html
20170629_142636.jpg

リカルデント(CPP-ACP)が 高濃度で作用し
エナメル質を強く丈夫にしてくれます\(^O^)/

MIペーストは
虫歯菌の活動を抑え 歯垢を付きにくくするので
虫歯予防になり
知覚過敏にも効果があります。

さらに
唾液の分泌を促してくれるので
ドライマウスの緩和にも効果的です。

さらに♪ さらに♪
《 MIペースト・プラス》ならば フッ素も配合!

うれしい効能ばかり♪
ぜひぜひ 使ってみてくださいね (^^)b



医療法人 審美健康会 山本歯科医院&横浜ホワイトニング・インプラントセンター 
http://www.yamamotoshika.com
posted by 達さん at 14:06| Comment(0) | Blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

審美健康会ブログ 歯とカルシウムの関係A 〜歯周病とカルシウム〜


医療法人 審美健康会 山本歯科医院&横浜ホワイトニング・インプラントセンター
http://www.yamamotoshika.com
歯科衛生士の高橋です。

前回は
『大人が カルシウムをたくさん摂っても 歯は強くならない』
という 少し残念なお話をしましたが
http://total-whitening.seesaa.net/s/article/450825065.html

《歯周病》には カルシウムの摂取が大きく関わってきます。

今回は
《歯周病とカルシウムの関係》について お話しますね。


皆様は
《歯周病》って どんな病気だと思いますか?

歯肉が腫れる?
歯肉から血や膿が出る?
歯がグラグラして 抜けてしまう?

実は《歯周病》は 骨が溶けてしまう病気です。
そして
溶けてしまった骨は 元通りには戻りません。
20170621_141943.png

そこで
いかに骨を溶けさせないようにするか が
歯周病を予防していく上で とても重要になります。


体内のカルシウムの99%は 「骨」と「歯」に存在し
残りの1%は 「血液」に存在しますが

血液中のカルシウムが不足すると
『ちょっと足りないから 分けてね〜』と
骨から カルシウムを奪っていきます。

ですから
カルシウムの摂取が少ないと
骨が だんだんと スカスカになってしまうのです。

先ほど お話したように
《歯周病》は 《骨が溶ける病気》ですから
スカスカの脆い骨であればあるほど
溶けるスピードは 速くなってしまいます。

食品由来のカルシウムを
1日500mg以下しか摂取していない人は
1日800mg以上摂取している人と比べると
歯周病リスクは 1.6倍になると言われています。

骨粗鬆症も 歯周病も 骨の病気ですから
カルシウムを毎日きちんと摂り 丈夫な骨でいることが
歯周病予防にとって とても重要なのです。

もちろん
虫歯も 歯周病も
細菌の塊である歯垢(プラーク)によって 引き起こされるので

毎日の丁寧な歯磨き(プラークコントロール)と
歯科医院でのプロによるケアは 欠かせませんよ(^^)b



医療法人 審美健康会 山本歯科医院&横浜ホワイトニング・インプラントセンター 
http://www.yamamotoshika.com
posted by 達さん at 13:50| Comment(0) | Blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする