2016年10月31日

審美健康会ブログ 口呼吸になっていませんか その2


医療法人 審美健康会 山本歯科医院&横浜ホワイトニング・インプラントセンター 
http://www.yamamotoshika.com
歯科衛生士の渡邉です。


こんにちは。
前回は、口呼吸と歯科が関係していることについて少し話を触れましたが、今回は前回の続編です。

なぜ、
口呼吸と歯科が関係しているのか、、
ひとつずつお話していこうと思います。


<虫歯になりやすい>

特に前歯の虫歯になりやすいと言われています。
口呼吸になると、口の中が乾燥しやすくなりますが、特に前歯が乾燥しやすくなります。唾液には虫歯菌(ミュータンス菌)が出した 歯を溶かす酸 を中和させたり、酸で溶かされた歯を 再生させる力 があります。

しかし、口呼吸により唾液の供給が行き滞ることによりその効力は衰えてしまいます。そして気がつくと唾液では間に合わせることのできないほどの虫歯の大きさへと進行してしまうのです。


鏡を見てみてください。

あなたの前歯はどんな色をしていますか?

虫歯の治療経験はなくとも、一本一本見たときに一部だけ白くなっていませんか?

もし、そのような歯を見つけた方、、
それは、歯のミネラルが足りていないのです。
唾液が再生能力を発揮させるよりも虫歯菌(ミュータンス菌)が勝ってしまった状態なのです。
いわゆる初期虫歯というものです。
どんな病気でも早期発見は、とても大切です。
対処法がいくつも考えられますからね。

ミネラルが足りていない場合、それを補ってあげることが大切です。

虫歯には、段階というものがあります。
歯医者へ行って、
虫歯になっていますが、削る必要があるほど進行はしていないですね、しっかりとよく磨いてくださいね、
と言われることもあるかと思います。

そんな時は、ひと工夫歯磨き粉の選び方やその使い方にもポイントを置いてみるのもいいかもしれませんね。

歯のミネラルパック。

聞いたこと、あるでしょうか。

冬の乾燥する時期、
顔パックやヘアパック、男性女性関係なく今の時代されている方は増えてきているかと思います。
メンズサロンも増えていますもんね。

お口も同じです。

笑ったときに一番最初に見える場所、その前歯が虫歯になってしまうことを少しでも防いでいきましょう♪

歯のミネラルパックは子供から大人、老人、いくつになっても有効です。
もちろん前歯だけではなく奥歯にも有効です。

特にお子さんの場合、
唾液の量は大人よりも多いですが、虫歯の進行スピードも速いです。

油断大敵です。

すでに、前歯の治療経験をお持ちの方も、
一度虫歯を治したことがあっても、その歯は永遠に虫歯にならないわけではありません。
二次虫歯、になることは油断をするとよくあることです。
差し歯でも二次虫歯にはなります。
インプラントでも歯肉が細菌感染を起こし腫れてしまうこともあります。

口呼吸は、
虫歯の引き金を引く大きな原因のひとつです。
唾液は虫歯を防ぐには大切な役割を果たしてくれるのです。


まずは、ご自身で意識を持つことが大切です。
普段や寝るとき、マスクひとつでも口を乾燥させる予防ができますし、
水分を摂る意識や、鼻呼吸への意識も。

だれも虫歯の治療が好きな方はいませんもんね、、。
虫歯を削る痛さや音、怖いですよね。。。


私たちも、少しでも皆さんの歯の健康を守る手助けができるよう、
お口のクリーニングをしながら、この方にはどんなアドバイスができるかな、と考えながら毎日皆さんのお口の中をケアさせていただいております。


PS

今回の話に出た 歯のミネラルパック。
おうちで簡単にできますし、薬局で買う歯磨き粉に比べるといくらかお値段はしますが、虫歯の治療に比べれば安いです。(笑)
当院には、海外から輸入しているタイプのもので、フッ素も配合されていますのでおススメです!
ぜひ一度ご覧にいらしてくださいね。

次回は、口呼吸と歯周病との関連性についてお話したいと思います。

少々お待ちくださいね。 :)

医療法人 審美健康会 山本歯科医院&横浜ホワイトニング・インプラントセンター 
http://www.yamamotoshika.com
posted by 達さん at 15:47| Comment(0) | Blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月28日

審美健康会ブログ あなたのかみ合わせ 大丈夫ですか? ― しっかり嚙める歯にしてアンチエイジング


医療法人 審美健康会 山本歯科医院&横浜ホワイトニング・インプラントセンター 
http://www.yamamotoshika.com
受付総務の徳永 です。


少し寒くなり段々と秋を感じられるようになりました。
秋と言えば「食欲の秋!」美味しい物よく噛んで食べられる事はとても幸せだなと感じます♪
今回は正しい噛み合せでよく噛む事と認知症の関係についてお伝えしたいと思います。

〈噛む事で脳への刺激〉

歯の働きは咀嚼機能だけではありません。物を噛む行為は、脳を刺激するという事がわかっています。歯と歯を噛み合わせた時の刺激は、歯根にある歯根膜から脳に伝わり、その刺激は脳における感覚や運動、また記憶や思考、意欲を司っている部位の活性化に繋がるのです。

〈歯の残存数と脳の働き〉

高齢者の歯の残存数と認知症は深い関係があることがわかりました。健康な方では平均14.9本の歯が残っていたのに対し、認知症の疑いのある方では平均9.4本の差が見られます。歯の数が少ない人ほど、海馬付近と前頭葉の容積が減っている事がわかりました。歯が無くなると、脳が刺激されにくくなり、脳の働きに影響を与えてしまうという事です。

〈歯の数が少ない方の認知症のリスク〉

歯の残存数が20本以上ある方と比べて歯が無く、入れ歯も入れていない方の認知症リスクは1.9倍。良く噛んで食べることができる方に対して、あまり噛めない方の認知症リスクは、1.5倍と高くなっています。

〈インプラントや入れ歯で脳への刺激にも〉

認知症の方の口の中を調べると、歯が無くなり、良く噛んで食べる事が出来ていない方が多く見られます。歯が無いと歯根膜が無くなるため、脳に刺激は伝わりません。しかし、歯に代わるインプラントや入れ歯などの治療を行えば歯と同様の働きをすることが出来るのです。

今使っている入れ歯が合っていない方が認知症だった!との報告がありますので、ただ入れ歯を使うというのではなく自身に合った入れ歯やインプラントを使い、正しく噛む意識をするが重要だと言えます。

ご自身に合う治療も見つけ、きちんと噛める歯を手に入れる事は、美味しい物を良く噛んで食べること幸せ以外にも認知症の予防にも繋がるなんて幸せ倍増ですね!

「最近噛み合せが合わないな〜」「インプラントや入れ歯の話が聞きたいな〜」などがありましたら山本歯科医院へご連絡ください。

医療法人 審美健康会 山本歯科医院&横浜ホワイトニング・インプラントセンター 
http://www.yamamotoshika.com
posted by 達さん at 16:38| Comment(0) | Blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月21日

審美健康会ブログ 口呼吸になっていませんか? その1


医療法人 審美健康会 山本歯科医院&横浜ホワイトニング・インプラントセンター 
http://www.yamamotoshika.com
歯科衛生士の渡邉 です。



よく小さい頃に、口が開いている、口を閉じなさいと言われたことはありませんか。大人になった今でも、テレビを見ているとき、ゲームをしているとき、口がぽかーんと開いていることはありませんか。

今回は口呼吸と歯科についての関係性について触れたいと思います。

<<口呼吸ってなに?>>
本来人間は鼻で呼吸する生き物だと言われています。
母乳時の赤ちゃんはすべて鼻呼吸をしているそうです。
それが後々、アレルギー性鼻炎やアデノイド肥大、癖などにより鼻で呼吸をすることが困難となり、口で呼吸をするようになります。


まずはセルフチェック。

@口がよく渇く
A鼻が詰まりやすい(アレルギー性鼻炎、アデノイド肥大がある)
B口を閉じると息がしにくい
C口が開いているとよく親に言われた
Dいびきをかきやすい
E朝起きると、のどがカラカラ
F風邪をひきやすい
G口臭が気になる、口臭がすると言われる
H言葉が聞き取りにくいと言われることが多い

どうでしょう?

当てはまるものはいくつありましたか?

この項目のうち、4つ以上当てはまったら口呼吸の疑いが強いです!


ではなぜ口呼吸と歯科が関係してくるのか、、、

なぜでしょう。 :)



答え
@虫歯になりやすい
A歯周病になりやすい
B着色しやすくなりやすい
C出っ歯になりやすい
D睡眠時無呼吸症候群になりやすい



さて、
どれが答えだと思いますか?



答えは、、、


全部です!

びっくりしましたか?
そうなんです、全てにおいて口呼吸は関係してくるのです。
次回のお話では、なぜそうなのか、詳しくお話していきたいと思います。

お待ちくださいね。 :)

医療法人 審美健康会 山本歯科医院&横浜ホワイトニング・インプラントセンター 
http://www.yamamotoshika.com
posted by 達さん at 16:00| Comment(0) | Blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする