2018年04月05日

審美健康会ブログ 保険CADCAMセラミッククラウンの正体を暴く


医)審美健康会 山本歯科医院&横浜ホワイトニング・インプラントセンター
www.yamamotoshika.com
院長の山本達郎です

保険CADCAMが昨年より導入されました。これまで小臼歯に白い歯を入れることはレジンジャケット冠という脆い材質のものしか適応できず、長期にわたる耐久性を有する被せ物の歯を入れることはできない状態が長らく続いてきました。

この状態に“一石を投じた?” のが CADACAMで作るハイブリッドのセラミック冠です。
ただしこの治療は従来の保険診療にしてはかなり高点数な治療(8000円超)になりますので これまで保険診療でやってきた歯科医院や自費治療に携わってこれなかった歯科技工所からは、収益増強という点で大きな福音という声が聞こえます。

ですから 患者さんが保険で小臼歯や部分的に大臼歯に白い歯を入れられる!という喜びよりも保険診療しかやってこなかった一部の業界関係者の方が喜んでいる!という有様です(^^;

さて そこで この保険診療に加わってきた白いCADACAMについて今回は解説してみようと思います。

保険 自費 を問わず これまで口腔内に装着されてきた白い材料は3種類です。

レジン
セラミック
ジルコニア

将来的にもこれ以外の材料で治療が行える可能性はありません。
これまでも プラスチックは欠けやすいから耐久性が乏しいと指摘されてきたのが レジン です。

プラスチックには この強度不足という最大の欠点の他に 

● 色の不自然さ 
● 表面の艶が無い 
● グラジュエーション(色の変化:歯の付け根部分と先端では全く色が異なりますよね)が表現できない
● 飲食(コーヒー、紅茶、タバコなど)により着色しやすく変色する 
があります。

こういった欠点を克服できる材料として誕生したのがセラミックです。

上記の5個の欠点をすべて除外できますので 現代歯科治療ではこれが王道でしょう。
ただし 問題点として 保険での扱いがないことで治療費がかかる点 症例にもよりますが 大臼歯では単独セラミックでは破折する可能性がある。これらがわずかな欠点です。

話を戻し 今回の保険適応のCADACAMセラミック冠とはどういうものかをお話しします。
CADCAD冠はハイブリッドとされています。

ハイブリッドとは 2種類の異なる材料の混合物です。即ち レジンとセラミックのパウダーによる ハイブリッド となります。

・・・そこで少し詳しい方であれば そういえば 昔もこれと同じハイブリッドの材料があったな!と思いだすかもしれません!

そう あの エステニア という材料でした。

これは今回のCADACAM(ブロックの削り出し)ではなく重合(固めて作る)ですが 物性はほぼ同じです。

これらの材料の耐久性を決める尺度がビッカース硬さという評価です。
これで一覧するとこれらのクオリティーがよくわかります。

ジルコニア      1300Mpa
イーマックスセラミック 400Mpa

人間の歯        300Mpa

CADCAM       240Mpa
エステニア       190Mpa
硬質レジン       100Mpa

かつてすぐ割れてしまうセラミックという悪い評判をとり 今ではほとんど歯科業界から姿を消している エステニア と今回のCADCAMはかなり物性が似ています。
因みに 硬度が最低の 硬質レジンでは 私は 硬いもの(ピーナツと)を噛むと一噛みで割れますよ・・・と言っています。

歯が壊れたあとには自分の歯より硬いものを入れる必要がある、というのは補綴学の常識です。すると 今回のCADACAMセラミック冠は長期の予後は望めない材料だと云えます。臨床試験では2年内の破折がけっこうあります。

私事の余談ですが 上記セラミックでイーマックスという現代で最も優れたセラミックでさえ大臼歯を治療した実例では割れる頻度がかなりあり 今ではイーマックスを大臼歯で用いることはしていません。

・・・しかし CADACAMはこのイーマックスの硬度が約半分しかありません。

また
CADCAMの白い色は ハイブリッドセラミックの 白いブロックを削り出して製作する手法ですので 歯の本来の自然さを表すグラジュエーションは出せませんので 既成色のべったりした感じになり 隣が自分の歯の場合だと 一目でその違いがわかります。

・・・そして強度が乏しいので 耐用年数はせいぜい2年強 と想像されます。

そこで私が当院で 臼歯に白い歯をお入れする 一押し は ジルコニア です。
ジルコニアがもたらす強度と清掃性の良さは現代歯科治療で特筆されるものです。

医療法人 審美健康会 山本歯科医院&横浜ホワイトニング・インプラントセンター 
http://www.yamamotoshika.com
posted by 達さん at 13:57| Comment(0) | Blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月28日

審美健康会ブログ 受診の際には お薬手帳をご用意くださいね


医療法人 審美健康会 山本歯科医院&横浜ホワイトニング・インプラントセンター
http://www.yamamotoshika.com
歯科衛生士の高橋です。


山本歯科医院では
初めて受診される方や
ご来院が お久しぶりな方には
治療に入る前に 問診をさせていただいております。

特に
お身体の健康状態や 既往歴や
服用されているお薬につきましては
安全な診療を提供させていただくため
必ず お聞きするのですが

ご自身の服用されているお薬の名称や種類を
正しく覚えている方は 少なく

「血圧の薬を飲んでいるけど 名前はわからない」
「数種類の薬を出されているけど
 どれが何の薬だったか・・・覚えていない」
という方が 多くいらっしゃいます。

また
「病院で薬を出されているけど 飲んでいないから」とか
「歯には関係ない薬だから・・・」という方も
いらっしゃいます。


歯の治療と お身体の病気とは 切り離して考えがちですが
持病は 歯科治療に大きく影響しますし
他科で処方されているお薬が 歯科に関係する場合も
多々あるのです。

けれど
複数のお薬すべての情報を ご自身で把握して
随時 医師に申告するのは とても難しいことですよね。

服用しているお薬を 正確に伝え
歯科治療への関係や影響を しっかりチェックしてもらうために
ぜひ お薬手帳を御提示ください。
20180228_220151.png

内科や その他の科(特に整形外科)を受診・通院されている方で
お薬を服用している方は
必ず お薬手帳を お見せくださいね。

内科や整形外科で処方されている一部のお薬には
歯科の外科処置が行なえないものや
処方された担当医師との照合・連携が必要なもの、
歯科での処方薬との飲み合わせを考慮しなければならないものも
あります。


患者の皆さまに
安全で上質な医療を提供させていただくにあたって
お薬手帳の情報は たいへん重要なものです。

「歯には関係ない」と ご自身で判断せず
お薬手帳か
もし お持ちでなければ
お薬の実物を持ってきてくださっても大丈夫ですので
問診の際に 御相談くださいね。


歯の健康は
お身体全体の健康につながります。

歯も お身体も 健やかに!
山本歯科医院は
皆さまの元気な毎日のお手伝いをしたいと願っております。




医療法人 審美健康会 山本歯科医院&横浜ホワイトニング・インプラントセンター 
http://www.yamamotoshika.com
posted by 達さん at 17:13| Comment(0) | Blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月27日

審美健康会ブログ もっと知りたい!<フッ素>の効果

医療法人 審美健康会 山本歯科医院&横浜ホワイトニング・インプラントセンター
http://www.yamamotoshika.com
歯科衛生士の高橋です。


<フッ素>が 虫歯予防に効果的ということは
皆さま ご存知ですよね。
TVでも
フッ素を配合した歯磨き粉のCMを よく見かけます。

けれど
どうして どのように 効果があるのかと聞かれたら
よくわからない という方が多いのではないでしょうか?


今日は <フッ素>の効果について お話しますね(^^)b


まず <フッ素>とは 自然界に広く存在する天然成分で
身近な食品にも含まれています。
WHOやFAOが「歯の健康に有益」と認め
虫歯予防のために世界中で積極的に使われています。

<フッ素>には 大きくわけて3つの働きがあります。

@ 歯を硬く丈夫にする (耐酸性・結晶性の向上)

フッ素が 歯に作用すると
歯質はフルオロアパタイトという非常に安定した結晶構造になり
歯が強く丈夫になって 虫歯になりにくくなります。

A 歯の再石灰化を促進する

フッ素には
唾液の中のカルシウムやリン酸を 歯にくっつけてくれる働きが
あるので
歯の再石灰化を助けてくれます。

B ムシバ菌の活動を抑える (酸生成の抑制)

フッ素は
ムシバ菌の出す酵素によって 酸が作られる過程を
ブロックしてくれます。
また フッ素自身も抗菌作用を示します。

歯に直接 働きかけて
歯を丈夫にしたり 再石灰化を促したりすることと
お口の中の環境に 働きかけて
ムシバ菌の活動を抑えてくれることの両方から
虫歯予防に効果があるのですね。
20180224_142642.png


また 「フッ素で虫歯予防!」というと
子供の歯に行なうイメージがあるかもしれませんが

実は フッ素は 大人にも有効なのですよ。

歯周病などで歯茎が下がり
本来 歯茎に覆われているはずの根(象牙質やセメント質)が
露出してしまうことがあります。
象牙質やセメント質は 硬いエナメル質に比べ 弱く
虫歯になりやすいのですが
フッ素を塗ることで 虫歯のリスクを下げることに役立ちます。



虫歯予防に フッ素は とても有効ですが
しばしば誤解されてしまうこともあります。

よく耳にするのは
「フッ素を塗っているから虫歯にならない!」です。

フッ素は 魔法ではありませんから
フッ素を塗っていても
きちんと歯磨きをしなければ 虫歯は防げませんよ。


そして
フッ素の効果を上げるためのポイントは
『継続して使用する』ことです。

山本歯科医院でも
高濃度のフッ素を配合した歯磨剤
ライオン<チェックアップ スタンダード>などを
20170901_170919-d15ae.png
 
御用意しておりますので

ぜひ お気軽にお尋ねくださいね。

正しい歯磨きと フッ素の効果で
しっかりと虫歯予防をしていきましょう!



医療法人 審美健康会 山本歯科医院&横浜ホワイトニング・インプラントセンター 
http://www.yamamotoshika.com

posted by 達さん at 17:13| Comment(0) | Blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする