2018年11月12日

審美健康会ブログ 「デュアルホワイトニングがダメ」なわけ



医)審美健康会 山本歯科医院&横浜ホワイトニング・インプラントセンター
www.yamamotoshika.com
院長の山本達郎です

当院で施術しているホワイトニング治療は トータルホワイトニングです。

これはホワイトニング治療の正しい流れに沿った治療法で オフィスホワイトニングやホームホワイトニングの単独での治療は 体に安全に早く行う目的のホワイトニング治療を想定した場合 単なるその「過程」に過ぎないからです。

即ち オフィスホワイトニングだけで歯を白くするということを目的としたホワイトニング治療は成立しない可能性が また ホームホワイトニングだけで治療を進めようとすると我々の健康面にフリーラジカルによる悪影響が出る可能性がありからです。

ですから 早く 楽に 安全に ホワイトニング治療を済ませるのであれば トータルホワイトニングしかない と機会がある度に述べているのです。

ところで
当院で行っているトータルホワイトニングに似た言葉にデュアルホワイトニングというものがあります。

実は デュアルホワイトニングという名称を使用して かつて自分が専門家向けに論文を書いたことがあり、

(※ 「ディアル・ホワイトニングとスピード・ホワイトニングの活用法」医歯薬出版 歯界展望8月号 2005年という専門家向けの論文を書きました)

以来 この用語が歯科界で使用されている経緯があります。自分で命名してしまったことに忸怩たる思いがあり 今となっては そういう用語を使用してしまい、歯科界を混乱させていることを後悔しています。 

上記の論文を出したときの状況を振り返ると 

当時は ホワイトニング治療には ホームホワイトニングでやるか オフィスホワイトニングでやるか という稚拙な二元論しかなかったのでした。

私のホワイトニングの師匠に当たる歯科医師でさえ(彼はオフィスホワイトニングを嫌っていたので)ホームホワイトニングの優位性に固執してばかりしておりました。ですから ホワイトニング治療を行うときに オフィスホワイトニングを行ったあとにホームホワイトニングを行うという 現在のトータルホワイトニングの治療コンセプトが存在していなかったのです。

私はまず こうした古い考え方を修正する!ことを 最初の目的にしようと考え 臨床医たちの頭で分かりやすい「デュアル」ホワイトニングという用語を使用してしまいました・・・。

このときでも 私は元々 トータルホワイトニングのつもりで提唱していたのですが、この治療の効果がずば抜けて高いことがわかり 言葉が独り歩きしてしまう事態になってしまいました。歯科医師たちの中には 治療の内容に対する検証もなく ホームホワイトニングやオフィスホワイトニングをプログラムもなく まるでコスメのように扱って 「定期的なメインテナンスでオフィスホワイトニングをやりましょう!」のようなトンデモナイことをはじめてしまいました。本来 歯の健康を守る立場の歯科医師たちが 自分の利益を優先して歯科治療の質を考慮しない態度に失望を隠せません。(〇〇〇〇エッセンスをはじめ幾つかのホワイトニングサロンです)

オフィスホワイトニングはホワイトニング治療の最初に1回行えばそれで十分なのです。頻回に繰り返すと歯のエナメル質にダメージを与える可能性があることは論文でも明らかになっています。
逆に オフィスホワイトニングを最初に行うことで その後のホームホワイトニングは 本来 亀のようにのろいものが ウサギのように早く作用するようになるのです。これにより我々はフリーラジカルによる問題点を最小にすることができます。

結局 ホームホワイトニングで3−4か月かけて歯を白くしなければならなかった症例が トータルホワイトニングで行うことによって ほんの数週間で終了し しかも 長期的に歯の白さを維持できるというメリットが生まれます。

今更な観がありますが・・・ デュアルホワイトニングという間違った用語 そして 間違った治療法が いつか消え去ることを祈るばかりです。


医療法人 審美健康会 山本歯科医院&横浜ホワイトニング・インプラントセンター 
http://www.yamamotoshika.com

posted by 達さん at 11:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月09日

審美健康会ブログ オフィスホワイトニング実習コースが終わって



医)審美健康会 山本歯科医院&横浜ホワイトニング・インプラントセンター
www.yamamotoshika.com
院長の山本達郎です

今年も10月末に 私が主催し 東京医科歯科大学でホワイトニングの実習会を行いました。
株)ジーシー社のご協力を仰ぎ LED照射器を9台お借りして 大学内会場で行いました。

開始前の受講歯科医師への事前アンケートでは オフィスホワイトニングやホームホワイトニングの単独法でうまくいかないという悩みや 実際に 治療の失敗の原因やその予防に対する不安・疑問などが多数寄せられておりました。

当日 午前中は ホワイトニングを始めるにあたり いろいろな注意点が存在し そうした点を見逃すと患者さんの満足度が得られない、ということを話し 生活歯ホワイトニング診断法による歯の診断と診査法を学んでいただきました。

午後からは2時間40分かけて 実際の治療と同じ形式で 2人一組で オフィスホワイトニングの治療を相互に行っていただきました。
このとき最重要なことはプロテクションになるのですが 私以外に宮地先生、大仲先生にインストラクターをお願いし 完璧なプロテクションを学んでいただきました。

現在 これほど厳しい中身の濃い 実習を行う研修会は世の中にないんです。
これは私の自負心としても言えます。

終了後は みなさん ご自分の歯が白くなって 喜んでおられました。

受講後のアンケートでは

いままでホームホワイトニングのみ行っていたが これからはオフィスホワイトニングも取り入れて患者さんの満足度を高めたい。

患者さんの立場になっての実習は 経験として とても良かった。

明日から自信をもってオフィスホワイトニングができます。

今で 他のホワイトニングを受講していたが 考え方が本当に変わり 大変 勉強になりました。ありがとうございました。

患者さんへの注意事項など細かく教えて頂き参考になりました。ホワイトニングの歯の色が変わりやすい人の歯の特徴など今後参考にしたいと思いました。

などいうことともに 実習会の中身 運営に関しても高い評価をいただき 受講された先生方にも また LED照射器や周辺キットの貸与していただいたジーシー社へも感謝しています。

医療法人 審美健康会 山本歯科医院&横浜ホワイトニング・インプラントセンター 
http://www.yamamotoshika.com
posted by 達さん at 13:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月26日

審美健康会ブログ お口のクイズです



医療法人 審美健康会 山本歯科医院
http://www.yamamotoshika.com
歯科衛生士の高橋です。



今回は 歯にまつわるクイズを出題しますね。

正しいと思えば ○
間違っていれば × で お答えください。



第1問
・永久歯は 親知らずも含めると 全部で40本ある。

第2問
・歯は 鉄よりも硬い。

第3問
・歯には 血管が通っている。

第4問
・人の体で ばい菌が いちばん多いのは 口の中である。

第5問
・力いっぱい磨けば磨くほど 歯の汚れは よく落ちる。

第6問
・毎日 しっかり歯みがきすれば 虫歯は治る。

第7問
・ばい菌が いちばん増えるのは 食事中である。

第8問
・歯肉炎を放っておくと 歯を支えている骨が溶ける。

第9問
・甘いお菓子を食べなければ 虫歯にならない。

第10問
・一度治療をしたら 二度と虫歯にならない。



皆さま いかがでしたか?

では 答え合わせをしてみましょう。

第1問 : ×
・永久歯は 親知らずを含めると 全部で32本です。

第2問 : ○
・歯のモース硬度は 7 で 鉄のモース硬度は 4 です。

第3問 : ○
・歯の中心部に 血管と神経が通っていて
 これを 歯髄(しずい)と呼びます。

第4問 : ○
・口の中には ミュータンス菌(虫歯菌)をはじめ
 約350種類のばい菌がいます。

第5問 : ×
・力任せに磨いても きちんと汚れを落とすことは
 できません。

第6問 : ×
・虫歯になってしまったら 歯みがきだけでは治りません。

第7問 : ×
・ばい菌が いちばん増えるのは 就寝中です。

第8問 : ○
・歯肉炎を長く放置してしまうと 歯を支えている骨
 (歯槽骨)が溶けてしまい 歯がグラグラになります。

第9問 : ×
・虫歯の原因は 甘いものだけではありません。

第10問 : ×
・治療をした歯も きちんとケアしないと
また虫歯になることがあります。



何問 正解できましたか?

それぞれの 詳しい説明につきましては
今までのブログに書かせていただいています。

また
私たちスタッフに 直接 質問してくださっても
大丈夫です。

お気軽に お声がけくださいね。


医療法人 審美健康会 山本歯科医院 
http://www.yamamotoshika.com

posted by 達さん at 09:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする